頭頂部の薄毛に悩んである

こちらはこんな感じで、薄毛になるとはビジョンもしていませんでした。それは、ういういしい時にはおごりができるくらい、髪の毛がフサフサだったからだ。

 

しかし最近では髪の毛が追い越せるばかりで、凄い時にはお銭湯の排水口に詰まって仕舞うほど、髪の毛の抜け毛が激しくなっていると思っています。

 

そしてその髪の毛が少なくなることによって、とても衣服をきても決めることができないという要素が困難となっているのです。それは私のやりがいのひとつとして、衣服を購入して目新しい気持ちになって立ち寄ることがあります。

 

しかし、ようやっと新しく衣服をかったとしても、その衣服を着ける本人が冴えない感じになっていたら、それも水の泡だと思うようになったのです。

 

そのため、最近では訪問をする事も少なくなっていらっしゃる。髪の毛が少なくなる結果、必ずしも苦しむことはないと思っているかもしれませんが、女子にとっては髪の毛の困難というのは、全然深刻なことなのです。

 

そのことから、これからは真剣にその困難と向き合って行こうと思っています。シャンプーを変えたり、良いと言われているトリートメントを使ったりしても、あまり効果を思えることがありません

 

今後のことを考えると、将来的にはウィッグ植毛についても考えているところです。